高知発シンガーソングライター

Minamiの物語


兵庫県西宮市出身。
幼少期は体が弱く、自分の思いを言葉にすることが苦手だったが、

小中学時代、刑務所の慰問活動を通して歌う中で、歌なら自分の思いを伝えられると思い歌手を志すようになる。友達と放課後の放送室をジャックしてアカペラで歌を学校中に流し、先生に叱られるお転婆な一面も。

高校生の時より、地元関西のTV、ラジオCMソングを歌う活動をはじめる。

その後、尊敬しているアーティスト坂本龍一さんのラジオ番組内のデモテープオーディションに、ボーカル担当として友人と応募。それが目に止まったのを機に、同番組のサウンドロゴのボーカルに起用される。

1999年、当時ユニチカイメージガールだった女優 滝沢沙織さんのデビューシングルのカップリング曲に作詞提供したのをきっかけに親の反対を押し切り上京。ライブ活動を中心に自身のデビューに向けて活動を続ける。

2000年9月コンピレーションアルバム「BitLive Vol.1」、「ひまわりの種」でデビュー。

その後、結婚のため歌手活動休止となるが、FM局のパーソナリティとして活動。

湘南FMレポーター、イセハラFM「ミュージックランキングフィーバー」パーソナリティ等。

2015年暮れ、祖父母が暮らしていた高知県で再始動。

2016年よりFM高知「シーサイドステーション」内コーナー「美波のBeautiful Wave」のパーソナリティ。

2018年11月「Sasga Music Festival」ゲスト出演。

2019年7月マキシシングル「LOVE」発売。